メルセデス・ベンツ専門店/ディーラー中古車/ベンツEクラス正規ディーラー専門店

在庫一覧
特選中古車
1999年  BENZ SL320  218万円
2004年  AUDI A4アバント 1.8クワトロ  188万円
2007年  ジャガー Xタイプ    248万円
2004年  BENZ C180 コンプレッサー  168万円
2002年  BMW 318iAツーリング M−SPORT  128万円
スタッフ紹介
お客様からのメッセージ
ご購入を検討のお客様へ
アフターサービス
中古車売買のコツ
お得な情報満載!メルマガ
ご来場ありがとうございます
今日 : 78
昨日 : 168
今月 : 2527
総計 : 683813
LogCounterX by taquino
ケータイサイト

モバイルサイトアドレス
サイトマップ
サイトマップ サイトマップ
ブログランキング
にほんブログ村 車ブログ メルセデス・ベンツへ

2011年1月17日(月曜日)

次世代自動車ばかりが脚光を浴びていますが・・・

みなさん、おはようございます。

1月14日(金)の BS11  『INsideOUT』

 → http://www.bs11.jp/news/59/ で、

「内燃機関の逆襲 ディーゼルこそが地球を救う」 と題し、

日本の自動車技術、特に内燃機関の今後について議論されていました。

 

石油資源の枯渇や地球温暖化などで自動車産業も

ここ数年ハイブリッドや電気などの次世代自動車ばかりが脚光を浴び

これを抜きに生き残れないような流れになっていますが、

 

これら次世代自動車に多用されるレアメタルも限られた資源であり

需要が増え、価格が高騰し、資源国から安定確保ができないと

製造ができなくなるというリスクを背負っています。

 

資源のある国は海外メーカーの現地生産まで視野に入れ、

このまま海外に生産工場が移ると益々国内の空洞化が加速する。

ということでした。

 

そこで、次世代自動車とともに各メーカーが地道に研究を続けているのが

既存のガソリンやディーゼルの内燃機関の高効率最新燃焼方式です。


メルセデスベンツのブルーエフィシェンシーやブルーテック、

フォルクスワーゲンのTurbo Sparked Injection、

マツダの次世代「スカイジーコンセプト」も同様の考え方です。

 

これらの技術は比較的簡単に造れる電気自動車とは違い

発展途上国ではマネのできない長年の技術の蓄積が必要で、

自動車先進国のドイツでもダウンサイジング+過給器や

クリーンディーゼルの研究を各メーカーが進めています。


確かに最近のヨーロッパの小型車を見ていると輸入こそされていませんが

各メーカー小排気量・高効率ディーゼルエンジンを搭載しています。

 

“次世代自動車とともに内燃機関の逆襲が始まった”

 

知恵をしぼってきた者だけが次の知恵をしぼれるんですね。

 


    それでは又来週、植田茂夫でした。

 


株式会社 ウジタオートサロン
〒545-0037  大阪市阿倍野区帝塚山1−12−8
  帝塚山店  TEL:06−6654−0700  
   住吉店    TEL:06−6606−0700  
   豊中店    TEL:06−6852−0700  

 有限会社 氏田自動車工作所
   〒558-0054  大阪市住吉区帝塚山東1−5−17
  本社工場  TEL:06−6673−0700  

古物許可番号621220802855
大阪府公安委員会の許可会社名 :(有)氏田自動車工作所
古物許可番号621220101947
大阪府公安委員会の許可会社名 :螢Ε献織ートサロン


Directed By株式会社デジタルキューブ

メルセデス・ベンツ専門店/ディーラーメルセデス/正規ディーラーメルセデス専門店